Build your own keyword analysis with our tools
SEO Report
Server Infos
Backlinks

HTML Analysis

Page Status
 

Found

Highlighted Content
Title

天気ニュース |

Description

Keywords

H1

天気ニュース

H2

ユーザログイン
大雨と少雨が同居 6月は西日本太平洋側で大雨、北日本で少雨
台風6号 南シナ海を西進中
奄美地方梅雨明け 昨年より2日遅い
奄美地方で今夜まで大雨に警戒
沖縄で少雨続く 降水量平年の2割前後
7月も高温 北日本と東日本で 気象庁1か月予報
九州南部・奄美で激しい雨、土砂災害に警戒
九州南部・奄美で大雨、突風に警戒
西日本 引き続き土砂災害に警戒
梅雨前線活発化 九州~近畿南部で大雨に警戒

H3

H4

H5

Text Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

ウェザーマップ

Medium relevance
 

Low relevance
 

天気ニュース

Very Low relevance
 
天気ニュース 九州南部・奄美で激しい雨、土砂災害に警戒  気象庁は、九州南部・奄美地方で28日の夕方にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、土砂災害に警戒するとともに、浸水害や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けた。  梅雨前線上に発生した低気圧は、九州南部付近を東へ進む予想で、この前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、九州南部・奄美地方では大気の状態が非常に不安定となっている。これまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあり、引き続き土砂災害に警戒が必要だ。  28日午前5時30分現在、種子島・屋久島地方から奄美地方にかけて発達した雨雲が連なっており、東へ進んでいる。鹿児島県では今後、夕方にかけて局地的に雷を伴った1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり、29日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで120ミリの見込みとなっている。また、28日夕方にかけては、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。 09 大雨 梅雨前線 09 一か月予報 気象庁 九州南部・奄美で大雨、突風に警戒 7月も高温 北日本と東日本で 気象庁1か月予報 降水量平年の2割前後  沖縄気象台は28日、大東島地方で5月27日頃から、沖縄本島地方で6月11日頃から、降水量の少ない状態が続いているとして「少雨に関する沖縄地方気象情報」を発表した。  沖縄地方は今月に入ってから晴れた日が多く、今後も2週間程度、太平洋高気圧に覆われて降水量の少ない状態が続く見込みだとして、気象台では、農作物や水の管理等に注意するよう呼びかけている。  ここ最近の降水量平年比は、南大東島で5%(5月27日から6月27日まで)、那覇24%、名護22%、久米島13%(6月11日から6月27日まで)となっている。 09 気象庁  気象庁は、九州南部・奄美地方で28日の明け方から昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、土砂災害に警戒するとともに、浸水害や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けた。  梅雨前線の影響で、奄美市名瀬では27日12時50分までの24時間に103 気象庁は28日、この先1か月の天気の傾向を発表した。それによると、7月は南から暖かく湿った空気が流れ込みやすいため、全国的に気温が高くなる見込み。  特に北海道、東北、関東の各地方では、7月3日ごろからの1週間は気温がかなり高くなるとして、「異常天候早期警戒情報」も発表されており、気象庁では農作物の管理や、熱中症に注意するよう呼びかけている。25日に発表された3か月予報によると、ほぼ全国的に8月・9月も気温が高くなる可能性が高いという。  また7月前半は、北日本から西日本では曇りや雨の日が多くなる。沖縄・奄美地方は、平年と同様に晴れの日が多い。 沖縄で少雨続く 08 土砂災害 梅雨前線 梅雨前線活発化 九州~近畿南部で大雨に警戒 梅雨前線の活動が活発になるため、きょう26日は九州から近畿にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。 気象庁は、土砂災害や低い土地への浸水、河川の氾濫などに警戒するよう呼びかけている。  梅雨前線は、東シナ海から九州を通って四国沖にのびていて、九州や四国では、すでに激しい雨が降っているところがある。  26日夜にかけて、暖かく湿った空気が断続的に流れ込むため、雨は次第に強まり、近畿地方の太平洋側にも広がる見込みだ。  27日朝までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで、九州南部で200ミリ、山口県を含む九州北部地方と近畿地方で180ミリ。四国を含めてこれらの地域では、雷を伴った1時間に70ミリの非常に激しい雨が降るおそれもある。  鹿児島県鹿屋市では26日午前5時の時点で、降り始めからの雨量が400ミリを超えるなど、九州を中心にすでにこれまでの大雨で地盤が緩んでいるところもある。土砂災害が起こりやすい状況となっているため、引き続き警戒が必要だ。  また北日本では27日にかけて、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定になるため、内陸部を中心に局地的な激しい雨のおそれがある。 07 大雨 梅雨前線 1 2 3 4 次 にかけて、引き続き土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒が必要だ。  なお、伊豆諸島では、27日明け方にかけて活発な雨雲がかかり続ける見込みで、26日午後5時現在、東京都三宅村には大雨警報が発表されている。 26日夜 5ミリの降水量を観測しているが、今後、前線上の東シナ海で低気圧が発生し、28日の朝には九州南部付近を東へ進む予想だ。前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、九州南部・奄美地方では大気の状態が非常に不安定となる。  九州南部・奄美地方では、28日明け方から昼過ぎにかけて、局地的に雷を伴った1時間に60ミリから70ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり、28日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、鹿児島県(奄美地方を除く)で200ミリ、奄美地方で150ミリとなっている。また、28日にかけては、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。 08 大雨 西日本 引き続き土砂災害に警戒 梅雨前線や低気圧の影響で、西日本では大雨となっていたがピークは過ぎ、止んでいるところが多くなっている。  ただ、これまでの雨で地盤の緩んでいるところや、増水している河川があり、気象庁は引き続き土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒を呼び掛けている。  梅雨前線が東シナ海から四国沖を通って伊豆諸島付近にのびていて、前線上の低気圧が近畿地方を通過している。  西日本の雨のピークは過ぎたが、鹿児島県鹿屋市の吉ケ別府では降り始めからの雨量が450ミリとなり、72時間降水量の6月としての記録を更新するなど、大雨となったところがある。各地で地盤の緩んでいるところや、増水している河川があり、今夜 › 最終  気象庁は、奄美地方で今夜まで局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあるとして、土砂災害に警戒するとともに、浸水害や河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼び掛けている。  奄美地方では、付近に梅雨前線が停滞し、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでおり、大気の状態が非常に不安定となっている。鹿児島郡十島村中之島では、総降水量が300ミリを超えた。これまでの大雨で地盤が緩んでいるところもあり、引き続き土砂災害に警戒が必要だ。  28日午後4時現在、奄美地方付近には雨雲が連なっている。奄美地方では今夜にかけて局地的に雷を伴った1時間に40ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり、29日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで60ミリの見込みとなっている。  気象庁は1日、6月の天候のまとめを発表した。  北日本、東日本日本海側では、高気圧に覆われて晴れた日が多く、北日本太平洋側の月降水量は6月としては統計を開始した1946年以降、最も少ない値を更新した。  釧路(北海道)、大船渡(岩手県)、青森、深浦(青森県)、秋田では6月の月降水量の少ない記録となった。  一方、西日本太平洋側では、月降水量は多くなった。6月後半に台風4号から変わった低気圧や梅雨前線の影響で、400ミリを超える大雨となったところもあり、高松では6月の月降水量の多い記録を更新した。  気温は全国的に高く、特に沖縄・奄美は、梅雨前線の影響を受けにくかったため、晴れてかなり高くなった。秋田、若松(福島県)では6月の月平均気温の高い記録を更新した。 <月降水量が少ない記録となった地点と平年比> 釧路(北海道)26%、大船渡(岩手県)26%、青森12%、深浦(青森県)11%、秋田16% <月降水量が多い記録となった地点と平年比> 高松220% <月平均気温が高い記録となった地点と平年差> 秋田 2℃、若松(福島県) 0℃、酒田 (山形県) 大雨と少雨が同居 6月は西日本太平洋側で大雨、北日本で少雨 新規アカウントの作成 パスワードの再発行 トップページ 台風4号 大雨 梅雨前線 ユーザログイン ユーザ名: パスワード: 0℃(タイ記録) 12 気象庁 5ミリ(平年比128%)、沖永良部で424 5ミリ(平年比110%)だった。  同地方の梅雨入りは5月15日頃と平年より4日遅かった。    気象台によると、この先しばらくは、太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。 11 梅雨前線 奄美地方で今夜まで大雨に警戒 鹿児島地方気象台は、1日午前、奄美地方が7月1日ごろに梅雨明けしたとみられると発表した。  期間の降水量は、名瀬で727 奄美地方梅雨明け 昨年より2日遅い 台風6号 南シナ海を西進中 28日夜にフィリピンの東で発生した台風6号は、1日午前9時現在、南シナ海に位置し、1時間に30キロの速度で西北西へ進んでいる。  中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から280キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。  台風は、次第に北寄りに進路をとり、3日午前9時までには熱帯低気圧に変わるとみられる。 12 台風6号 10 大雨

Highlighted Content Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

Medium relevance
 

Low relevance
 

天気ニュース

Very Low relevance
 
天気ニュース 7月も高温 北日本と東日本で 気象庁1か月予報 九州南部・奄美で激しい雨、土砂災害に警戒 九州南部・奄美で大雨、突風に警戒 梅雨前線活発化 九州~近畿南部で大雨に警戒 西日本 引き続き土砂災害に警戒 降水量平年の2割前後 沖縄で少雨続く ユーザログイン 大雨と少雨が同居 6月は西日本太平洋側で大雨、北日本で少雨 台風6号 南シナ海を西進中 奄美地方梅雨明け 昨年より2日遅い 奄美地方で今夜まで大雨に警戒