Build your own keyword analysis with our tools
SEO Report
Server Infos
Backlinks

HTML Analysis

Page Status
 

Found

Highlighted Content
Title

びっくりスマホンニュース

Description

Keywords

H1

H2

Author
Archives
Categories
ブログロール
Meta

H3

H4

H5

Text Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

admin posted 2013posted 未分類

Medium relevance
 

7th

Low relevance
 

7th びっくりスマホンニュース

Very Low relevance
 
びっくりスマホンニュース comments 日本でも人気のスマホとなったギャラクシーs3αですが、その光景モデルのギャラクシーs4の発表をサムスンはアメリカで行いましたよね。これについて、大きな反響があったことは知っていましたが、発表からかなりの日数が過ぎてもなお、「敵地で対抗意識むき出し」と言ったタイトル記事が出されていました。「米アップルと韓国サムスン電子の攻防が激しさを増している。アップルの「牙城」の米国で、サムスンが新製品や広告宣伝で大攻勢をかけている。it市場の覇権をかけ、主戦場のスマートフォンから次世代電子機器の開発競争でもしのぎを削る。」というもの。アメリカ地元の新聞でも、「マーケティングでアップルとの魅力の差を埋めつつある」と指摘するなど、アップルの市場をジリジリと脅かしているようです。韓国人らしい攻撃的なやり方でうよね~^^日本人はアメリカと様々な関係があるため、こんなあからさまな宣伝なんてできませんが、そんなのお構いなしにやってしまうのが韓国企業なんでしょうね。ただ、迎え撃つアップルの方も年内にはiphone 15th more サムスンの本気度^^ 4月 5の廉価版や5sといった新モデルの発売を予定しているそうで、ますますこの2社の戦いは過熱しそうですね^^ 関連タグ 人気のドコモ スマホ read more 「ファントム・バイブレーション・シンドローム」に異論なし! 4月 comments 私もそうです! とおもわず挙手したくなったのが、スマートフォンのバイブがささやかなおかげで、電話着信をしていないのに、「着信している!」と錯覚しておもわずスマートフォンを確認してしまうことを「ファントム・バイブレーション・シンドローム」(幻想振動症候群)。私もそうなんですよ、特に、ズボンのポケットに入れていたりすると、「あれ? バイブしてる?」と思うんです、本当に着信していると思って、スマートフォンを取り出して見ると、画面に変化は全くない! とか。メールすら着信していないってこともよくありますよ。私、シンドロームです。このシンドロームの起因として、スマートフォンのバイブが弱いことが挙がっていまして、ユーザーが着信を気にしすぎているということになっているそうなんですね。それも異論なし。バイブ弱いですもん。ちっとも気づけないことあります。でもそれも、スマートフォンの薄さや繊細な構造などが原因だから、どうしようもないらしく、まぁ自分が自覚を持って「私は気にしすぎているけど、着信に気がつかないよりはマシだ!」と開き直るしかないのかもしれませんね。 参考サイト andronavi comments こんなにサムスンは勢いがあるんですね^^ギャラクシーs3α、そしてs4と着実な世界シェアの首位に立とうとしているサムスンの今年1~3月期におけるスマホの出荷台数は7070万台。これは、ライバル社アップルの3740万台の2倍近くにまで上ったとのこと。ちなみにアップルの次に多かったのがサムスンと同じ韓国のlg、次いで中国のファーウェイとなっていたそうです。すごいのが、サムスンの出荷台数7070万台というのは、昨年よりも60%以上伸びているとのこと。世界中見渡しても、サムスンのスマホ、と言っても過言ではないのかもしれませんね。特に廉価版スマホが多い地域では、所有率も高いと思われるので、余計にサムスンのスマホを見かけることも多いと思われます。アップルも頑張っているようですが、日本のソニーやシャープも頑張って欲しいですね~^^ read 9th tour sc-04e」です。今年の夏のツートップ機種だけあってかなりの自信作のようですが、私が気になっているポイントは画面にタッチぜずに操作ができるuiです。galaxy comments 今一番気になるのはドコモのスマートフォンでサムスン「galaxy s4の発表会イベント「galaxy com read more サムスンの出荷台数がアップルのほぼ2倍! 5月 tokyo」でも紹介された、「サウンド&ショット」機能という撮影静止画に最大で9秒間の音声をつけて保存ができるという機能。旅行中の料理撮影にもかなり使えそうですよね。ほかにも、指を近づければ画像管理アプリでの表示サムネの拡大ができたりメールソフトのリスト中から本文がポップアップ表示できたりする機能なんかは、画面の汚れが気になるという潔癖症のゲスト今田耕司さんにも薦められていました。音声入力なんかも結局触れずに入力が出来るのでストレスフリーなわけで本当に便利そうですよね。 read 14th associationで 開発が進められているという「tizen」なんだそうです。 スマートフォンやタブレット端末向けのオープンソースとして、サムスン電子とインテルが 主導し、開発を進めており、ドコモもその端末を国内販売で関与しているそうです。 このtizenを採用した端末は、複数のメーカーが発売へ動いているようで、ios、androidに 続く第3勢力となるかが注目されそうです。 nttドコモからの正式な発表はないという事ですが、本当に発売されるのであれば、大変な 話題となりそうですね! 今後、tizenについての詳細が発表に要注目ですね。 関連タグ タブレット ideas support ブログロール documentation plugins suggest entries archives 2013年9月 2013年8月 2013年7月 2013年6月 2013年5月 2013年4月 2013年2月 2013年1月 2012年12月 2012年11月 2012年10月 2012年9月 2012年7月 categories 未分類 forum themes wordpress blog wordpress xhtml xfn wordpress planet meta ログイン valid older comments スマートフォンの新機種発売の時期は、ある程度決まっているとは言え、実際はなかなかタイミングがとりづらいものです。スマートフォンの契約は二年縛りが常識になっていますので、それも含めてタイミングの見極めが必要になります。最高のタイミングとしては、これまでの機種から大幅に進化した時に新機種購入し、間に新たな機種は出るもののそれほど大幅な変更点はなく、二年後に再び大幅な変更点を持った新機種を購入と言うパターンです。iphoneだったら、先日の5は通信機能の大幅な向上がありましたので、購入タイミングとしては最適だったでしょう。実はiphoneの場合は新機種の登場が約一年周期と決まっています。そして、一つ前の4sではそれほど大きな変更点は無く、さらに前の4は大幅な変更点がありました。こう見ていくと、二年周期で大きな変化が訪れます。新機種購入を迷っている方は、すぐにでもiphone5を手に入れ、二年後を待ちましょう。 こちらのサイトもおすすめです。 read 5th foundation傘下のtizen comments nttドコモが、iosでもandroidでもない、新しいosを搭載したスマートフォンを 2013年にも発売する方向で検討に入っているそうなんです。 nttドコモからの正式な発表は確認されていませんが、某新聞社などが 報じているようなんです。 それによれば、新しいosというのは、linux ドコモ ギャラクシーtab read 19th more びっくりする新機種発売時期の秘密 1月 more ドコモ、新osのスマホを2013年にも発売か!? 2月 iii 5sじゃなくてiphone more iphone 8mm、重量は179g。韓国のskテレコムなどで発売される予定。価格は79万ウォン。」ということで、あれれ??日本での発売はまだ無いのかね??韓国にもガラケーシニアが多い、ということでしょうか?! 関連検索 スマートウォッチ read 6なの?! 8月 2nd 5s。中国の経済誌によると、「iphone comments 今秋発表と噂されている次期iphone 5mm×高さ118mm×奥行15 7ghzのデュアルコア、カメラは800万画素となっている。本体サイズは幅59 comments おどろきのスマートフォンニュースとしては、やはりiphone関連のニュースとなるでしょう。iphoneについては新機種の情報が夏前から流れており、多くの人がその発売を心待ちにしていました。そんな中、9月のはじめにアップル社がスマートフォンの新機種のプレゼンテーションを行うという情報が入っています。アップル社は新製品の発売前に行われるプレゼンテーションが恒例で、毎回のように驚きのニュースを我々に届けてきました。現在のところ、今年の新機種は廉価版が発売される以外に大きな変更点はないようですが、もしかしたら驚きの新情報をまだ隠し持っているかもしれません。いずれにしても、iphoneのファンには必見のプレゼンテーションとなるでしょう。iphoneについては、iphone5sに加えて、廉価版のiphone5cなる新機種が発表されると言われています。カラーバリエーション豊富な新たなiphoneの姿を、早く目にしたいものです。 read 17th いよいよiphone新機種発表会 9月 more サムスンの新機種 9月 comments どこの販売会社から発売されるのかわかりませんが、サムスンのスマートフォンの新機種がスマホ記事に載せられていました。このスマホ、かなり面白いです^^折りたたみのスマホで、いわゆるパカパカ携帯の進化版??とのようなもの。パカパカ携帯を愛する大人。結構いるんですよね^^私もその一人ですが^^このスマホはスマホなので^^ガラケーのような使い方ができるスマホ。日本の大人世代向けのスマホとしてつくられたようです。新機種の名称にはゴールデンという英語が入っています。これは、「日本における“シルバー世代”といった意味合いで、携帯電話の利用やuiに慣れているシルバー世代向けモデルといえる。」とのことです^^あ~~、大人というよりもさらに上のシニア向けなんですね~。「ディスプレイは3 2、cpuは1 7インチ有機el、osはandroid 6の量産に向けて従業員の大量募集を開始した」と書かれていたそうです。とうことは、次期iphoneとはiphone 6のことでiphone more 電車内でのキャリアの通信を比較 7月 today read rbb comments ict総研から出た“関東1都6県の電車内で携帯電話キャリアの通信状況”の調査結果でわかったのは、『「受信エリアの広さ(つながりやすさ)」ではkddi(au)がトップとなった。一方で通信がつながった場合の「切れにくさ」はnttドコモが首位だった』ということだ。 ちなみに、ソフトバンクは受信エリア内でのlte比率が1位で、混雑時間帯の山手線で受信エリアの範囲と、切れ難さで1位がイー・モバイルだった。 数年前までは、「とにかくどこでも繋がるのがドコモ」という印象で、ドコモのユーザーが多かったのは繋がり易さにあったものだった。 今回は電車内という、かなり特定された環境での調査だったのだが、それにしても受信エリアの広さでドコモが1位ではなくなったのには驚いた。 ソフトバンクとイー・モバイルのマニアックな上位の在り方は昔からなんとなく変わらない気もするが、auがかなり頑張っているような気がした。 各社、料金プランでももっと頑張ってもらえると嬉しいのだが… 関連リンク au『galaxy more 食事を撮るには「galaxy progre』 read スマートフォン選びの比較ポイントは 5か? 6は本体素材にカーボンファイバーを採用とのこで、ベゼルを細くすることでiphone 5sは発売されない可能性が浮上してきたようですよ。またiphone 5から40%の軽量化を実現しているそうです。現行のiphone 5が重さ112グラムなので、iphone s4か、iphone 6は67グラムほどの重さになるという計算になりますが、この記事を読んだユーザからは、「重さは今のままで不満は無いから、その軽くなった分で更にバッテリーの容量を増やして欲しい。」「本当ならこの軽さはかなり魅力だなあ。」「今秋発売なのに今から求人して間に合うの?5sは普通に登場して告知通り6のための求人のような気がするけど。」と様々な意見があるようです。次期iphoneの話題は尽きませんが、果たしてどの情報が正しいのか、発表が楽しみですね! 関連記事 galaxy s4」 6月

Highlighted Content Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

Medium relevance
 

Low relevance
 

Very Low relevance
 
ブログロール meta categories archives author びっくりスマホンニュース