Build your own keyword analysis with our tools
SEO Report
Server Infos
Backlinks

HTML Analysis

Page Status
 

Found

Highlighted Content
Title

Webマーケティングブログ|Webコンサルタント石田ヤス彦.

Description

小さな会社がWebで売上げをぶっちぎりに上げるためにSEO、リスティング広告、LPOからさまざまなツールまで、Webマーケティングをあますことなくお伝えします。Webコンサルタント・石田ヤス彦.のWebマーケティングブログです。

Keywords

Webコンサルタント,Webマーケティング,ブログ,ウェブマーケティング

H1

Webマーケティングブログ|Webコンサルタント石田ヤス彦.

H2

Googleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認する方法
Googleが違反したWebサイトに与える2つのペナルティとは?
LPO(ランディングページ最適化)とは?
ターゲットブランクタグとは?target=”_blank”の正しい使い方
ホームページとWebサイト、Webページの違いとは?

H3

サイト内検索
プロフィール
Google+
最近の投稿
カテゴリー
タグ
アーカイブ
カレンダー

H4

H5

Text Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

google seo blank” posted webの知識 akagami この記事を読むのに必要な時間

Medium relevance
 

初心者向け | tagged 初心者 | leave webマーケティング全般 リンク先のurl” href=”

Low relevance
 

リンク先のurl” href=” アンカーテキスト web上ではこう見える 便利ツール webマーケティングブログ|webコンサルタント石田ヤス彦 older wordpress(ワードプレス) 内部対策seo yahoo webサイト制作 webマーケティング ウェブマスターツール yass

Very Low relevance
 
アンカーテキスト web上ではこう見える 便利ツール webマーケティングブログ|webコンサルタント石田ヤス彦 older wordpress(ワードプレス) 内部対策seo yahoo webサイト制作 webマーケティング ウェブマスターツール yass adwords認定資格プログラム保有者 赤髪の理由から衝撃動画まで wiki (いしだやすひこ) 株式会社freelifeコンサルティング・取締役 webコンサルタント google 僕のすべてがココに書いてあります。 石田ヤス彦 webサイトとなってしまったのです。 キーワード選びは気をつけて webに精通していない方ほど、webサイトをホームページと呼ぶ傾向にありますので、seoやリスティング広告のキーワード選び、webサイト内でどちらを使用するかなど気をつけた方がいいです。 検索数も集まる属性も大きく変わります。 では、まとめます。 ★今日のまとめ★ webページ 個々のページのこと webサイト webページ全体のこと ホームページ webサイトのトップページのこと 現在では、誤ったまま認知され、「ホームページ」 jpやwww ウェブ)上の、特定のドメインで運営されているwebページ全体のことを指します。 例えば、www ワイド web・ワールド jp、www comなどのwebページの総称です。 webをつけずに、「サイト」などとも呼ばれます。 webページとは こちらは、割りとわかりやすいですかね。 webサイトが全体を指すのに対し、webページは、個々のページのことです。 つまり、webページの集合体がwebサイトというわけです。 まとめると posts rssリーダーで購読する サイト内検索 検索 comment &larr 「webサイト」となってしまっている。 「ホームページ」と「webサイト」の違いを知ってるからどうというわけではありませんが、webマーケティングを行うにあたって、知っておいた方がいい知識かなと思います。 今日は、以上です。 いつもありがとうございます! ※クリックで拡大 誤った認識が常識に しかし、本来、ホームページとは、webページの中のトップページだけを指すものが、誤った認識によって、あらゆるwebページを指す言葉、つまりホームページ プロフィール 石田ヤス彦 chrome ディスプレイネットワーク 検索ネットワーク googleアドワーズ リスティング広告 セミナー フリーライフwebマーケティングスクール プロモーション広告 初心者向け powered wordpress proudly 7月 1234 567891011 12131415161718 19202122232425 262728293031 webマーケティングブログ|webコンサルタント石田ヤス彦 タグgoogle googleウェブマスターツール iphone lpo seo webサイト制作 webマーケティング wordpress リンク 便利ツール 初心者 アーカイブ 2013年8月 2013年7月 2013年6月 2013年5月 2013年4月 2013年3月 2013年2月 2013年1月 2012年12月 2012年11月 2012年10月 2012年9月 2012年8月 2012年7月 2012年6月 カレンダー 2013年8月 月 火 水 木 金 土 日 サイト紹介 アドオン googleアナリティクス internet などのwebサイトのトップページをホームページとして設定する人が多かったため、webサイトのトップページのことを「ホームページ」と呼ぶようになったのです。 よくwebサイトで、別のページからトップページに戻るリンクに「ホームへ戻る」などと貼られていることがあるのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。 つまり、ホームページとは、webサイトのトップページのことを指します。 webサイトとは webサイトとは、www(world の正しい使い方 ホームページとwebサイト、webページの違いとは? カテゴリー firefox からのツイート 最近の投稿 googleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認する方法 googleが違反したwebサイトに与える2つのペナルティとは? lpo(ランディングページ最適化)とは? ターゲットブランクタグとは?target=” explorer iphone 外部対策seo その他 リダイレクト関係 ペンギンアップデート パンダアップデート @akagami )の正しい使い方 そもそも正しい使い方なんてものはないのでしょうが、ターゲットブランクを入れることによって、離脱が防げる可能性が高まります。 例えば、あなたのwebページに外部サイトへのリンクが貼ってあるとします。 ターゲットブランクが入っていないと、当然、今ユーザーが見ていたページにリンク先のページが表示されます。 そこから、ユーザーはさらに外部のページやサイトをネットサーフィンし、その過程で他のことに興味が移り 他にもいろいろあります。 googleの品質に関するガイドラインについての詳細 googleが与えるペナルティ googleは、不正なseoを行っていると判断したサイトに対し、検索結果の順位を大幅に下げたり、最悪なケースだと、インデックスを削除するなどして、googleの検索結果に表示されないようにします。 ペナルティの種類 googleが与えるペナルティには、大きく分けて2つの種類があります。 1 なんて思うかもしれませんね。笑 どういうことかと言うと、googleは、品質に関するガイドラインというものを定めていて、このガイドラインに違反し、意図的に検索順位を操作しようとするwebサイトに対し、ペナルティを課すことがあるのです。 検索順位を意図的に操作する行為とは? 不正な行為とは、例えば、自分で大量のサイトをつくり、そこからあたかも他人がリンクしたかのように装うような行為などのことです。 ↓↓ 01分10秒 今日は、googleがあることをしたwebサイトに対して与えるペナルティについてお話しします。 seoをはじめたばかりの方は、ペナルティってなに? googleってそんな制裁与えてくるの!?怖い怖い! 2013年8月15日 手動によるペナルティ googleのスタッフがwebサイトを巡回して判断するペナルティです。 手動によるペナルティに関しては、基本的にウェブマスターツールに警告メッセージが届きます。 googleウェブマスターツールとは?警告メッセージを受けたときの対処方法 アルゴリズムによるペナルティ googleのクローラー(ロボット)が判断するペナルティです。 アルゴリズムによって課せられたペナルティについては、ウェブマスターツールに警告メッセージが届くことはありません。 ですので、自分では気づきにくく、いつまで経っても検索結果に出てこない 今日は、以上です。 いつもありがとうございます! なんてこともあるのです。 しかし、ペナルティと言ってもそんなにセンシティブになる必要はありません。普通にサイトを運営している限り、このようなペナルティを課せられることはありません。 ただし、seo業者に依頼している場合は要注意。 あなたが知らない間に、不正なseoを行っている可能性があります。 このようなことがないよう、やはりseoは、自分の手で行うべきだと思いますが、どうしても手が回らず、seo業者に依頼しなければならない状況でも、seoの概要、動向は理解しておきましょう。 google検索エンジン最適化スターターガイド|これがseoの正解? など、実は知らずにペナルティを課せられていた 、順位が上がらない comment googleが違反したwebサイトに与える2つのペナルティとは? posted 便利ツール | leave googleの手動によるペナルティ” 00分37秒 2013年8月9日、googleはウェブマスターツールにて、” 2013年8月16日 posts googleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認する方法 posted が実施されているかどうかを確認できる機能、「手動対策ビューア」を公開しました。すでに日本でもリリースされています。 googleが不正なseoをしたwebサイトに与えるペナルティについては前回お話ししました。 googleが違反したwebサイトに与える2つのペナルティとは? 手動対策ビューアの使い方 手動によるペナルティの確認をするために、googleウェブマスターツールに登録していることが前提となります。 googleウェブマスターツールとは? googleウェブマスターツール 便利ツール | tagged 実際にペネナルティを課せられると、このような通知が届くようです。 見たところ、いくつかパターンがありそうですが、結構細かい指摘をしてくれるみたいですね。 前回もお話ししましたが、まっとうなseoをしている限り、このような警告がくることはないので安心してください。 今日は、以上です。 ありがとうございます! ウェブマスターツールにログイン後、左のメニューの「検索トラフィック」→「手動による対策」と進みます。 ほとんどの方が、下の画像ように「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」と表示されていると思います。 つまり、不正なseoを理由とした、インデックス削除や検索結果への影響はないということです。 googleによると、ペナルティを与えられ、手動でインデックス削除されるドメインは全体の2%未満だそうです。 手動によるペナルティが実施されると comment lpo(ランディングページ最適化)とは? posted 2013年8月9日 (ターゲットブランク)』このタグを追記します。 ちなみに上記の通り、web上では、どちらに指定されているかは判別できません。 ターゲットブランク(target=” 気づけばもともと見ていたあなたのサイトのことは忘れてしまいます。 これは、ネットではよくある話です。 ターゲットブランクを挿入していれば、別のタブやウィンドウにリンク先のページが表示されるので、ユーザーはタブやウィンドウを切り替えるだけで、簡単にあなたのサイトに戻ることができます。 反対に、あなたのwebサイト内のページにリンクをする(内部リンク)場合、ターゲットブランクはつけない方がいいと思います。 でないと、リンクをクリックするたびに新しいタブやウィンドウが開かれ、ユーザーが鬱陶しく感じてしまうかもしれません。 wordpress(ワードプレス)の場合 wordpressでビジュアル欄を使用している場合、リンクの挿入時に「リンクを新ウィンドウまたはタブで開く」のチェックボックスにチェックを入れると、ターゲットブランクが挿入されます。 常にユーザー目線で考える。 離脱を防ぐ方法としてご紹介しましたが、大事なのはユーザー目線で考えることです。 このリンクの場合、ユーザー的には、どちらのパターンの方が良いのだろうか で囲まれた部分をアンカーテキスト、またはリンクテキストと言います。 つまり、「リンク先を別のタブ、ウィンドウで開く」という指示を出したいときは、リンクタグに『target=” アンカーテキスト ※アンカーテキストとは、htmlの中でリンクが設定された文字のことです。 これを常に考えてください。 一概に、どちらが良いとは言い切れませんが、ひとつの考え方として頭に入れておいてください。 リンク chromeなどのブラウザを立ち上げたとき、最初に表示されるページのことをホームページと呼んでいました。 ほとんどの方が、ブラウザを立ち上げると、googleやyahoo 01分40秒 多くの方が、「ホームページ」と「webサイト」は同じ意味合いで使っていると思います。 webの初心者の方は、「ホームページ」、そうでない方は、「webサイト」や「サイト」などと呼んでいるイメージでしょうか。 しかし、「ホームページ」と「webサイト」、また「webページ」は、意味合いが違うのです。 ホームページとは もともとは、ie(インターネット・エクスプローラー)やfirefox、google 2013年7月26日 comment ホームページとwebサイト、webページの違いとは? posted target=” アンカーテキスト※ 別のタブ、ウィンドウで開くときのリンクタグ 着地する」という意味です。 つまり、seoやリスティング広告、snsのリンクをクリックした後にお客さまが着地するページ、サイト運営者にとって、お客さまに購入や申込み、資料請求などのアクションをとってもらいたいページのことです。 seoとなにが違うの? seoは、あなたのwebサイトが検索結果の上位に表示されるようにさまざまな対策をすることです。 seoに対し、lpoとは、あなたの商品やサービスの良さをお客さまにしっかりと伝え、購入などのアクションを起こしてもらえるよう対策すること。 つまり、seoはアクセス数を増やす対策。 lpoは、ランディングページのコンバージョン率(成約率)を上げる対策というわけです。 なぜlpoが必要? 今の世の中は、さまざまな商品やサービスで溢れかえっています。 そんな中、いくらあなたの商品やサービスが「素晴らしいもの」でも、その「素晴らしさ」がお客さまに伝わらなければ売れません。 また、seoを施し、あなたのwebサイトに多くのお客さまが来るようになっても、その「素晴らしさ」が伝わらなければ売れないのです。 あなたの商品の「素晴らしさ」をしっかりとお客さまに伝え、購入などのアクションを起こしてもらうためにlpoが必要なのです。 lpoってなにするの? seoに正解がないように、lpoにも、ここをこうすれば必ずコンバージョン率が上がる、という施策があるわけではありません。 しかし、seoと同じようにお客さまのことをとことん考えるのです。 お客さまの心理を読み取り、適切なタイミングで求めている情報を提示し、お客さまの不安や悩みを解消するのです。 lpoはおもしろいもので、ちょっとした工夫でコンバージョン率が劇的に変わることがあります。 0 optimization(ランディング・ページ・オプティマイゼーション)、ランディングページを最適化することです。 ランディングページってなに? ランディングとは、「landing landing 01分04秒 lpoやランディングページ、この言葉を聞いたことがありますか? lpoとは 5%のコンバージョン率を1%にするだけで 売上は2倍ですからね。 そのためのポイントをこのブログでどんどんご紹介していきます。 ★今日のまとめ★ lpoとは、あなたの商品やサービスの良さをお客さまに伝え、購入などのアクションを起こしてもらえるよう対策することです。 お客さまは、そう簡単にアクションを起こしてくれません。 だからlpoはとっても大事なんです。 いつもありがとうございます! 01分05秒 webページに貼るリンクには、大きく分けてふたつの種類があります。 ひとつ目は、同じタブ、ウィンドウで開くリンク。 ふたつ目は、別のタブ、ウィンドウで開くリンクです。 みなさんも経験があると思いますが、リンクをクリックしたときに、今見ているページに上書きするような形でリンク先のページが表示されるパターンと、今見ているページとは別に、新しいタブが開いてリンク先のページが表示されるパターンです。 今日は、このふたつのリンクの使い分けについてお話しします。 ふたつのリンクタグ このふたつのリンクは、タグで表すと以下のようになります。 同じタブ、ウィンドウで開くときのリンクタグ 2013年8月2日 の正しい使い方 posted comment ターゲットブランクタグとは?target=” などのポータルサイトのトップページが最初に表示されると思います。本来は、これをホームページと呼ぶのです。 ブラウザの最初に表示させるページを設定する管理画面を見ると、「ホームページ」と表記されているのが確認できます。 このように、googleやyahoo

Highlighted Content Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

Medium relevance
 

Low relevance
 

webマーケティングブログ|webコンサルタント石田ヤス彦

Very Low relevance
 
webマーケティングブログ|webコンサルタント石田ヤス彦 タグ カテゴリー 最近の投稿 アーカイブ カレンダー ウェブマーケティング ブログ webマーケティング webコンサルタント google サイト内検索 googleが違反したwebサイトに与える2つのペナルティとは? googleウェブマスターツールで手動ペナルティを確認する方法 のwebマーケティングブログです。 小さな会社がwebで売上げをぶっちぎりに上げるためにseo、リスティング広告、lpoからさまざまなツールまで、webマーケティングをあますことなくお伝えします。webコンサルタント・石田ヤス彦 lpo(ランディングページ最適化)とは? ターゲットブランクタグとは?target=” ホームページとwebサイト、webページの違いとは? の正しい使い方 blank” プロフィール