Build your own keyword analysis with our tools
SEO Report
Server Infos
Backlinks

HTML Analysis

Page Status
 

Found

Highlighted Content
Title

安希のレポート | Have fun in the world!

Description

Keywords

H1

安希のレポート
224. 麻生副総理の「ナチス」発言について
223. こんなブログ活用法
小川村講演会にご参加いただいた皆様へ
小川村・講演&座談会にお申し込みいただいた皆様へ 
コメントへの返事 (憲法改正について)
222. 分かりやすい参院選 2013夏
コメント『人種差別賛成』に対する返事

H2

Have fun in the world!

H3

メインメニュー
投稿ナビゲーション

H4

H5

Text Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

作成者 カテゴリー

Medium relevance
 

東アジア 日本編 レポート

Low relevance
 

東アジア 日本編 レポート 活動 イベント fun

Very Low relevance
 
活動 イベント fun 中村さんの参議院選挙のお話を読ませていただきました。 そのなかで、関心があることの3つめに憲法改正があげられていたため、コメントを投稿させていただいている次第です。 私は、社会福祉学の授業で、今の日本は戦争前の昭和8年になんとなく雰囲気が近いという話を聞き、これから日本社会はどういう方向に進んでいくのか、戦争へとつながる道に足を踏み入れていくのかなどについて最近よく考えています。 もし、中村さんの憲法改正への関心が9条関連であるのなら、どのようにそれについて考えられているのかを知りたいと考えてました。 憲法改正を3つ目の関心事に上げましたが、なぜ3つ目だったのかというと、ほかの2つと比べて議論するまでもないくらい明快に『改正反対』だからです。反対の理由は、実は9条の改正ではなく、96条の改正です。もう、これは論外です。 私は勉強不足でして、昭和8年と現在の状況に関して、きちんとした論拠を示して説明できないのですが、もしかしたら社会福祉学の先生が話されていたことは、96条の改正にも関係しているのではないか、と思います。96条の改正は、もちろん9条の改正や、それ以外のあらゆる憲法の改正を含みますから、戦争へつながる道に足を踏み入れる可能性も含んでいます。 憲法第96条は、憲法の改正手続きを規定しています。ですから、96条が変わるという事は、その他すべての憲法に影響を与えるということです。 現在の96条は、憲法の改正に衆参両院の3分の2の賛成と、国民の過半数の賛成を必要としています。これが改正後は、衆参両院の半分で発議できるようになるそうです。これは、ものすごく危険だし、はっきり言って(個人的には)論外です。 戦後に作られた日本国憲法は『国民主権』『平和主義』『基本的人権の尊重』の3つの基本理念に基づいて書かれました。そして、憲法を変えようと思ったら、衆参で3分の2以上の賛成が必要なため、憲法を変えることは難しく、よってこれらの基本理念も守られてきました。投稿者さんが気にされている戦争も、『平和主義(例えば9条)』が憲法に含まれている以上、起こりえませんでした。 でも96条を改正すると、じゃ、明日から『平和主義(9条が含まれます)』をやめましょう、ということが、今よりも簡単にできるようになります。『平和主義』が憲法から消えれば、国は戦争を始められます。 でも、まだ過半数の賛成が必要なんでしょ?と言う人もいるかもしれませんが、過半数というのは、実は意外と簡単にクリアできる数字です。この10年あまりに起きた選挙を思い出してください。お祭り好きのメディアと、気分屋の国民が、やれ今回は自民党だ〜、やれ今回は民主党だ〜、といった具合に、極端な投票動向を見せる傾向がありました。そして、数年おきに、圧倒的勝利(過半数獲得)によって政権交代が起きているのが現代の日本です。つまり、96条が改正されたあとは、近年私たちが選挙で経験しているような、一時的な気分の盛り上がりによって、次から次へと憲法が書き換えられる可能性があるということです。 例えば、次の選挙で自民党(その他、改憲に積極的な党)が圧勝し、衆参両院で過半数をとったとします。そして、半年後に、なんとなく気分が盛り上がって来て『国民主権(民主主義)』ではなくて、主権は総理大臣にあるってことにしましょう、と言い出したら、どうなるのでしょう。日本は独裁国家になります。 あるいは『基本的な人権の尊重』はやめにして、特定の人の人権だけ守って、あとは奴隷でいいんじゃないですか?ということだって、やろうと思えばできると思います。(既に企業によっては、「もう従業員は奴隷でもいいんじゃないですか?」っていう就労規則でやっているところもありますが、もっとひどくなるかもしれない) もちろん、そんな極端なことは現段階での草案には書かれていませんが、96条を改正して憲法改正のハードルを『ほぼ、ハードルがないに等しいレベルまで下げる』ということは、今後、党内で雲行きが変わったり(政治家の約束なんて、気分によって変わりますから)、あるいはまた次の次の選挙あたりで、正体不明の政党が突然勢力を伸ばしてきて『核兵器を持ちたい』と言い出したりしたときに、そういった意見が簡単に憲法(国の最高法規)になってしまう、ということですね。 それから、私個人として気になるのは、草案の中で『表現の自由』(基本的人権)を脅かすような提案がなされていること。私たちは、自由に表現できることを当たり前のことと思っていますが、これが守られていない国は、いまだに世界にはたくさん存在します。中国だってそうです。北朝鮮は言うまでもなく。それから、近年取材した旧ソ連なんかというのは、その極端な例でした。これが日本の憲法で守れなくなる日が近づいています。 他にも細かいところでは、個人の価値観や道徳への法の介入なども、草案で示されていて、それらは実現したらぞっとするものです。親子喧嘩した人や離婚した人は、逮捕される日が来るかもしれない。 (ちなみに、拙著『beフラット』執筆のために取材をした自民党の議員は、「独身の人、子どもを産まない女性には、法的な処罰を課したい」と言っていました。実現する日は、比較的すぐに訪れるかもしれません) さて、極端な例をいろいろと挙げてみました。改憲派の人たちも、現段階では『独裁国家』にしたいとか、『奴隷制度』やりたいとか、『すぐに戦争を始めたい』と言っていませんし、そんなことがすぐに起きると思っている国民は少ないと思います。 ただ、実はこの『そんなすぐに、悪い方向へ転がり落ちていったりはしないさ』という楽観的ムードが、実は一番怖いです。なんとなく時流に乗って投票し、先のことも考えず96条を改正してしまいましょ〜、という今の流れが、もしかしたらすごく、昭和8年頃に似てるのかもしれませんね。 戦争を始めたころ、日本国民の多くは、あんな結末がくるとは思ってなかったのだと思います。あんなに、どんどんと戦争に巻き込まれていくとは、最初は思ってなかったんじゃないでしょうか。その辺りのことは、歴史の先生に聞いてみたらいいと思います。 ただ、世界の国々の歴史などを見ていると、人間は実に、ちょっとしたきっかけで、全体主義(ファシズムというか・・・)に傾いていく生き物である、と気づかされます。ソ連が始まった頃、レーニンが出てきて、スターリンが出てきたころ、あるいは、中国に毛沢東が出て来たころだって、みんなあんな結末は想像していなかったはずです。周りの人たちと足並みを揃えて、なんだかよく分からないけど、『いい事だ!』と言われたから、きっといいことなんだろうと思ってやっているうちに、どんどん窮屈になって、不条理がまかり通るようになって、最後には、自分たちが祭り上げた権力によって無惨に踏みつぶされる経過を辿ったのだと思います。 改憲派が『我々はただちに軍国化する!』と言っているのなら、分かりやすいですが、『ちょっと変えてみるだけ〜』という曖昧な態度で、96条を変えてしまおうとしているあたりが、私にとっては、とっても恐ろしいです。社会福祉学の先生がおっしゃりたかった『昭和8年と似た雰囲気』が、このことなのかどうなのかは分かりませんが、私は憲法改正には反対です。 そもそも一国民として、今の憲法に不満はないです。おかげで戦争もしなくていいし、好きな事が言えるし、自由な人生が楽しめています。それをわざわざ放棄したい人の気持ちが分からない。 最後に、コメントをお寄せくださり本当にありがとうございました。 うまくお答えできなくて、ごめんなさい。 (せっかくなんだし、先生に直接訊いてみたら?? 笑。少なくとも私なんかよりは、ずっとお詳しいと思いますから) ではまた。 安希 check 安希 5 憲法改正の件で、以下のようなコメントをいただきましたので、お返事を書かせていただきます。この件は、突き詰めるとかなり細かい話になるので、大まかな点だけになりますがご容赦ください。また、私は憲法を勉強したことが一度もないので、正確なことは分かりません。私の考えが間違っているかもしれない、という可能性も考慮に入れて読んでください。 初めまして。医学部看護学科1年の学生です。 安希 7 以下のようなコメントが寄せられましたので、お返事を書かせていただきます。 コメント内容: 人種差別賛成です。 5件のフィードバック コメントへの返事 (憲法改正について) 投稿日 2013年7月11日 現に日本で起きている犯罪は韓国人が大半です。 返答 5件のフィードバック 222 2013年7月9日 たいていの人は憎むと思います。 安希 4 皆さま、こんばんは。 日本、暑いですね。湿度が高いって、大変なことだと思います。 気温の高さでは、エジプト南部〜スーダンで、50度弱を経験していますが、アジアの湿度で35度というのも同じくらいきついです。 スーダンのおじさんが、氷河期がきたら、スーダンの気温は世界で一番過ごしやすくなって、地価が高騰するって目を輝かせて言っていましたが、 今、一番きてほしいもの → 『氷河期』。 さて、また選挙の季節になりましたね。 選挙当日は、なぜか毎回用事があって、今回もまた期日前投票です。 今回の選挙は、今までで一番分かりやすく、迷いなく投票できそうです。 今週中には、さっさと期日前投票を終わらせる予定です。 さて、選挙にいく前に私がやることは、基本的に3つだけです。 1、自分が気になる政策について優先順位を決める。 2、自分が気になる政策について、各党の意見をチェックする。 3、自分の選挙区の候補者の意見が、党の意見と一致しているかどうかを最終確認する。 気になる政策 → 1、原発。2、tpp。3、憲法改正。 各党の意見: 原発推進 → 自民党、公明党、民主党、維新の会、みんなの党。 原発廃止 → 共産党、生活の党、社民党、みどりの風、新党大地。 tpp参加 → 自民党、公明党、民主党、維新の会、みんなの党。 tpp反対 → 共産党、生活の党、社民党、みどりの風、新党大地。 憲法改正 → 自民党、維新の会、みんなの党。 改正反対 → 共産党、生活の党、社民党、みどりの風、新党大地、公明党、民主党。 うん。分かりやすい! 私は、日本から原発が消える日まで意見を変えません。(ごめんね、頑固で)。 福島の事故が起きたときに、「なぜいままでもっと反対してこなかったんだろう」と深く後悔したからです。あの時の後悔は、原発が消える日まで忘れません。だから、どの政党に入れてはダメか、どこに入れたらいいのか、その判断は明快です。今回は特に、明快! それからtpp。もともとはどっちでもよかったのですが(実感がわかなくて)、賛成派、反対派、双方の意見を読んだり聞いたりするうちに、一つ譲れないものが出てきました。何がって、グローバル企業に好き放題させることが。アメリカの利益がどうとか一次産業がどうというより、多国籍グローバル企業のやりたい放題だけは許せないです。それは、世界中どこでも同じで、見ていてとても悲惨です。とにかくその土地に住んでいる人たちを、どんどん、どんどん、弱らせていくし、不幸にしていく。しかも一回弱ってしまった地場産業や地域産業は回復できないので、これはもう、やめておきましょう。 だから、どの党に入れるべきか、どこに入れたらダメなのか、今回はめちゃくちゃハッキリ!スッキリ!です。 珍しく、選挙が楽しみなおばちゃんです。だって分かりやすくないですか?(笑) みなさんも自分なりに考えて、優先順位をつけて、私たちが唯一国政にかかわれるチャンス(選挙しかないんです)を是非、生かしてくださいね。 周りで話している人たちの中には、消費税が上がるなんて許せん!と怒っているにもかかわらず、投票には行ったことがない友達がいます。選挙に行かないということは、『消費税増税に賛成』したのと同じです。(ちなみに私は、増税はオッケーです。しなくて済むなら、それもオッケー) あるいは、原発の反対運動を盛んにやっておきながら、投票先はいつも自民党。とか。(君、それって原発に大賛成!っていう意思表示なんだよぉ〜) あるいは、tppなんかに参加したら日本の農業は終わりだ!君は何にも分かってない!と熱く(暑苦しく)私に訴えておきながら、でも自民党に投票する。とか。(君、それは頭が悪すぎるな・・・) まあ、何でもいいでですけど。(笑) 人それぞれですから、いくら筋がまったく通ってなくても、いいんです。最近は聞き流す術を覚えました。ああそ〜、がんばって〜。 ところで、今回の選挙で、何がそんなにスッキリしたかというと、日本のいわゆる「リベラル」と「保守」がハッキリしたことですね。 今までは、リベラル保守混合の自民と民主が、二大政党になっていたので、すんごく分かりづらかった。それで、これは私の勝手な趣味ですが、よく、これがアメリカの選挙だったら、どの党が「共和党」で、どの党が「民主党」になるのかなと、いままでいろいろ考えてみた結果、いつも「分からない」という結論にいき着きました。でも、今回、はじめて分かった。 いわゆる「共和党」→ 自民、公明、民主、維新、みんな。 いわゆる「民主党」→ 共産、生活、社民、みどり、大地。 じゃない??? ザックリ言うと、そんな感じだと思いましたね。それにしても保守政党に、自由民主、とか、民主、とか、ややこしい名前つけるのやめてほしいです。こんがらがるから。(笑)でもそれを言うなら、共産党っていうネーミングも意味不明だけど。 それではみなさん、投票権を正しく行使して、 自分の意思を国政に伝えていきましょう。 以上、参院選レポートでした。 安希 check 4件のフィードバック コメント『人種差別賛成』に対する返事 投稿日 日本の教育を受けていれば日本の道徳を守って犯罪は起こらないはずです。 安希 5 小川村・講演&座談会にお申し込みいただいた皆様へ お申し込み、ありがとうございました。 当日の日程に関しては、おそらく個別に連絡がいっていると思いますが、ここで再度確認させていただきます。 村の方々がさまざまな余興を計画してくださっているようですので、お時間のある方は、ぜひお楽しみください。 私は19日から現地にいます。 7月20日(土) 11:45  長野駅東口のタクシー乗り場まで迎えの車が出ます。 12:30  簡単な昼食を用意させていただきます。および休息。 12:45  長野駅東口、出迎え第2弾。 1:15ごろ 公民館に入場。 (遠来者の方たちが休息できるように控え室を用意しております) 1:30   講演会開始。 3:30   講演会終了。 4:00   車で湯ノ沢温泉・小川の湯へ。 (希望者のみ。サウナ、露天なし、300円) 5:00   実行委員長のお宅の庭でbbq。 (実費負担、1500円程度) 8:00ごろ 三々五々、、、解散。各自宿泊施設へ。 7月21日(日) 8:00  白馬へ向け4,5台の車に分乗して出発。(ガソリン代割り勘) 8:30  姫川源流着。散策(徒歩600m、30分)。 9:20  大日方の湯。露天風呂で50分。500円。 10:20 大出川公園着。川辺散策(20分)。 11:20 鬼無里着。小憩(10~20分)。 11:50 小川村大洞高原着。“友楽”で絶品のそば定食。1500円。 12:50 解散。 残る人はごゆっくり! 帰る人は駅までお見送りします。 宿泊施設の件は、すでに施設の予約をしたか、民泊か、テント泊など、各自計画されていると思いますが、他に何か質問がありましたら、カマウ氏までご相談ください。私は、テント泊です。(笑) ではでは、皆さまにお会いするのを楽しみにしています。 安希 check  分かりやすい参院選 2013夏 投稿日 もし自分に犯罪が起きたときに犯人が韓国人でしたらどうでしょう? 韓国人が自国に帰れば世界平和になると思います。 返事: コメントを拝見した感想として、特別な驚きも怒りもわいてきませんでした。人種差別行動が日増しに激しくなっている今日この頃ですから、何かもっと説得力のあるコメントが寄せられてくるのかと思っていたら、ああ・・・この程度のことでしたか・・という印象しかありませんでした。(苦笑) もっと、こちらが三日間くらい熟考し、思想信条を一から問い直して反論しなければいけないような論拠があって、ああいう運動をされているのかと思って警戒していたので、ある意味、コメントを拝見して安心しました。 >人種差別賛成です。 『人種』の定義はとても難しいです。見た目で言えば、韓国人、朝鮮人、中国人、モンゴル人、日本人、チベット人あたりは、同じ『東洋人』『モンゴロイド』『黄色人種』と認識されることが多いです。dnaや染色体をベースにしたデータになると、これがもう少し細分化されてきて、さらに日本国籍を有している人の中にも、いろんなdnaの人が存在します。北海道から沖縄まで調べてみたら、面白い分布図が得られるかもしれませんね。 ですから、人種差別賛成とおっしゃっていますが、これだけでは結局、誰を差別したいのかが良くわかりません。東洋人の差別ですか?ということは、自分で自分を差別するのでしょうか? 続きの文章を拝読した印象として、コメントをくださった方は、たぶん『韓国籍』の方を差別したいのではないか?と推測しています。(人種と国籍を混同してしまったんでしょうね、きっと) >現に日本で起きている犯罪は韓国人が大半です。 そうなんですか? この件に関しては、私はデータを調べたり分析したりしていないので、何とも言えません。そうなのかもしれないし、そうでないのかもしれません。ただ個人的には、日本国内にいらっしゃる韓国籍の方から犯罪を犯されたことも、嫌な思いをさせられたことも、私は一度もありません。ですから実感として、コメントを信じることはできません。 >もし自分に犯罪が起きたときに犯人が韓国人でしたらどうでしょう?たいていの人は憎むと思います。 もし自分に犯罪が起きたら、私はその犯人を憎むと思います。その人が韓国籍か日本国籍かに関係なく、犯人を憎むと思います。ただし、その人がたまたま韓国籍だったからといって、全ての韓国籍の人を憎んだりは絶対にしません。また、その人がたまたま日本国籍だったからといって、すべての日本国籍の人を憎んだりも絶対にしません。明快に。 一つの事実として、日本国籍の人に犯罪を犯されたことがありますが、私は日本国籍の人全員を日本から追い出そうとは考えませんでした。日本国籍の人には、犯罪を犯す人もいますし、犯さない人もいます。これは極めて個人的な問題だと考えています。それって、おかしいことですか? 2013年6月18日 quiet になりそうですね。はっはっは。そうなったら、よっーしゃ、私の出番です。山椒ビール、ごちそうさまでした。次はもっと、強いやつで。(笑) で、何の話でしたっけ? そうそう、群馬のバイクのお兄さんの話でしたね。お兄さん、クールでしたね。何者だったんでしょうね。ふと振り返ると、お兄さんが、い・る。みたいな。控え室にいたときから、お兄さんがクールに座しておられまして、何者なんだろうと思っていましたが、最後まで謎のままでした。カマウさんのお友達かな?村の人かな?って思ったりしてましたが、去り際に「応援してます」的な台詞を、さらっと言い残していきましたよね?おっ、お兄さん・・・。私より、若いのかなぁ。若くなかったら、おじさんやん。(ここまで、お兄さん、お兄さんと呼んできたけど・・・) それから、福岡からlccで飛んできてくれた彼は、間違いなくお兄さんでしたが、次は風邪引きましょうね。でも、遠いところから来てくださってありがとうございました。これからも、バックパッカー仲間として、情報交換していきましょう。気をつけて行って来てくださいねー。 遠方と言えば、高知の未成年の二人も、気合い入ってましたよね。これから美しき女性バックパッカーになられるのでしょうけれど、スーツケースをコロコローといわせて小川村へやってくるところが、堂々としていていいですよね。しかも、涼しい顔をして。ああいう若い人たちを見ていたら、私もスーツケースコロコロ系に転身したくなりました。他人に影響されやすいタイプなので・・。しかも、温泉の後も、ちゃんとストッキング穿き直してたし・・。私も、ストッキング系に転身したくなりました。あっ、そうそう、洗顔フォーム貸してくれてありがとう。四万十川は、ストッキングを穿いて、コロコロで行きます。待っててください。 お二人と言えば、町田のお二人には、お車を出していただき本当にありがとうございました。しかも、深夜の飲み会までおつきあいいただいて・・。長老!とか、勝手なことを言っていたのは、誰でしょうね、まったく。と、言いつつも、私も便乗してしまい、失礼いたしました。ブレーキパッドは、直りましたでしょうか?前日に私が運転させてもらったときに、夜の坂道でビビって、ブレーキを踏みまくってしまいました。あれが原因で燃えたのかも・・と、心配しています。大丈夫でしたか?お菓子の差し入れもありがとうございました。次にお会いするまでに、例のテーマについては考えておきます。なかなか手強い相手ですが・・・。 プラスチック屋さん、やっぱり世の中プラスチックだと思います。素晴らしいですよ、プラスチック!大好きですよ、プラスチック!(笑)小学生の頃、海外の森林保護をやっている人の講演会を聞きに行ったことがあって、そのときの聴衆の中に、「実家が材木の輸入をやってるんです」という女性がいたことを思い出しました。あのとき返答に窮していた講師の気持ちが、よ〜く分かりました。プラスチックの再利用が進むといいなと思います。再利用したプラスチックを加工する機械の部品、作ってください!それか、プラスチックに代わる素材を加工する機械を作るとか。でも、素材といっても、どういうものがあるんでしょうね・・。自分の勉強不足を痛感しつつ、『加工に適した素材』をテーマに、ちょっと調べてみようと思いました。素晴らしい問題提起、ありがとうございました。 ほっ、ほっ、本屋様!いつも大変お世話になっております。今後とも、何卒ごひいきくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。しっ、しかしながら、ノンフィクションは斜陽産業でございまして、芥川賞、直木賞はもとより、本屋大賞にもまったく相手にされない、選考対象にすらなっておりませんような状況でございます。したがって本屋様や世間の賑わいとは無縁の世界で循環してございますノンフィクションではございますが、もっ、もっ、もしも、棚の端の、端の端の隙間に、たまたま空きスペースを発見されました場合には、さりげなく手を滑らせて、誤って拙著をその隙間へと滑り込ませてくださいますよう、何卒、なにとぞ、お願い申し上げます。 青春18切符の学生さん、長野までの無駄に長い貧乏旅、お疲れさまでした。無事風邪も引かれて、蕎麦を食べたら治ったと聞いて、ホッとしました。帰りも大変でしたね!帰りの新幹線代ぐらい出してあげたらよかったと、あとで後悔しました・・・、なんてことを考えるようなおばちゃんに見えますか?なんたって、おばちゃんはバックパッカーです。本当は、おばちゃんも一緒に鈍行で帰りたいくらいでした。余ったおにぎり食べながら、バックパック担いで、乗り継いで、乗り継いで・・・。でも、もう私の青春は終わりました。無駄に長い貧乏旅、時間があるときに、しっかりやっておいてください。風邪もちょくちょく、引いてください。おばちゃんになると、原稿が追いかけてきたりして、風邪が引きづらくなります。 48歳さん、大変勇気のある自己紹介をしてくださり、ありがとうございました。そうです、年齢だって知りたいですよ。一番重要なポイントです。正直に語らっていただき、お礼申し上げます。あとが続かず、申し訳ありませんでした。私はタッチパネルは苦手です。iphoneにしてから、まったく携帯を使わなくなりました。どこにあるのかも知りませんし、かかってきても気づきませんし、たとえ気づいても応答しません。タッチパネルなんて、もう、どうにでもなれ!って思いますね。古い携帯電話が壊れたのは、去年のことでした。でも、修理をする「部品」がないため、高いiphoneを買うはめになりました。分割払いが、毎月の家計を圧迫しております。貧乏なバックパッカーから、最後の一円まで搾り取る、世界的謀略に巻き込まれた形になっております。また、飲みましょう。ちなみに先輩とは、どのようなご関係なのですか? 経理さんもそうです。先輩とは、どのようなご関係なのですか?先輩との、坂道での出会い、そして別れを経て、感動の再会。急接近したbbq、深夜の絡み合い、最後は長野駅まで一緒に行かれるというお二人に、私もくっついて行かせていただいたわけですが、おじゃまだったかな・・と、今更ながら、鈍感だった自分を反省しています。本当は、二人で餃子を食べに行きたかったんじゃないですか?本当は、パナソニックのtシャツだって、ペアで欲しかったんじゃないですか? 本当に、あなた23歳ですか? 他にも、遠方からお越しいただいた皆様、ありがとうございました。 また、みんなで小川村に押しかけましょうね! ではでは、ごきげんよう〜。 安希 check newはこちら 投稿ナビゲーション &larr 古い投稿 224 麻生副総理の「ナチス」発言について 投稿日 2013年8月3日 2013年07月23日(火) 講演会が無事終了しました。初めての試み、しかも手作りということで、最初はどうなるかと思いましたが、とても良い会になりました。村の皆さん、アフリカボランティアの皆さん、参加者の皆さんのおかげです。ありがとうございました。また、小川村でお目にかかれたら嬉しいです。キレイな村でしたね〜。眩しいほどの緑、あの涼しさが恋しいです。 check blog 安希のレポート have メインメニュー メインコンテンツへ移動 サブコンテンツへ移動 ホーム レポート 活動 イベント メディア 書籍 インパラの朝 be フラット 食べる。 愛と憎しみの豚 旅 持ち物リスト 安全マニュアル 旅の情報 返答 プロフィール english 安希 6 皆さま、おはようございます。 麻生副総理の「ナチス」発言について、様々な意見が出ているようですが、率直な感想を書いておこうと思います。 発言の全文を読むと、麻生氏がナチスを引き合いに言いたかったことは「騒ぎ立てずに、憲法改正をやりましょう」ということだと思います。本人も弁明しているように、ナチスを正当化したり擁護する発言ではないと考えられます。ただ、私が一番問題に感じたことは、麻生氏がナチスを肯定しているかどうか、ではありませんでした。問題は、政治家という立場にありながら、公の場で「ナチス」という言葉を軽々しく使ったこと、です。 「騒ぎ立てずに、憲法改正をやりましょう」と言いたいのであれば、シンプルにそう言えばいい。そこに「ナチス」という例を持ち出し、「手口を学んだらどうか」などという、礼賛するような言葉を続けていることに強い違和感と不信感を覚えます。それは、国際社会において「ナチス」という言葉が意味するものを軽視し、その重さを無視した発言です。公人として、許されることではないと思います。麻生氏の「ナチス発言」といい、橋下氏の「慰安婦発言」といい、これらは国際感覚の欠如、歴史認識の甘さを示すものだと思います。 個人が何を思うかは自由です。そして、どんな発言にも、裏に秘められた思いや意図があることは理解できます。ただし、この世界には、「言っていいこと」と「言ってはいけないこと」が存在するのも確かです。 私は公的な発言をする立場にはありませんが、それでも国際社会の中では、一個人として慎重な言葉選びを心がけています。もちろん、自分の勉強不足、無知のせいで失言し、失敗したことも何度もあります。それくらい、世界は「ある特定の歴史的出来事」に対して敏感であり、「その歴史の捉え方」に対して、人々に一定の規範を求めているのです。 実は、麻生氏を非難している自分自身も、かつてメキシコで「ナチス」発言をして、白い目で見られた苦い経験をしています。世界を旅行する中で、イスラエル人の目に余る暴挙に腹を立てていた私は、ある日、同じ宿にいた同年代の女性とそのことについて話をしていました。イスラエルーパレスチナ問題をはじめ、世界のユダヤ人に関するいくつかの見方において、私たちには共通する感覚がありました。(もちろん、ユダヤ人といっても人それぞれですから、そこは誤解のないように。)そのときに私は、こんなことを言ってしまったのです。 「第二次世界大戦中のナチスの行為が、世界で一定の理解を得ている理由は、もしかしたらその辺にあるのかもしれないよね」と。とても軽々しく言ってしまった。あくまでも客観的な分析として言ったつもりでしたが、もうこれは明らかに失言でした。 そうしたら、その女性はただちに、「それは間違っている」と私の言葉を否定しました。私はすぐに発言を撤回し、失言を謝罪し、自分の軽率さを深く後悔しました。どんなことがあっても、どんな文脈、話の流れであろうと、「絶対に言ってはいけないこと」を学びました。もちろん私は、「ナチスの行い」を否定している人間ですし、それまでの私の発言からも、そういった暴挙を容認する人間でないことは、彼女自身も分かっていました。そんな中での、「軽卒な一言」だったわけです。 それからもう一つ、日本の戦争責任を問われる際によく、「ドイツに比べると、日本は全然反省していない」と言われます。「いや、賠償もしてきたし、悪い事をしたと思ってるよ」と伝えても、「ドイツに比べると」という一点において、多くの場合私の主張は認められません。そういう会話に直面するたびに、いつもなぜだろうと思ってきましたが、やはり日本は「副総理がこのような発言を公の場でしておきながら、世論がそれを容認する国だから」ではないか、と感じます。認識が甘いと思います。残念なことです。 初めてドイツを訪れたとき、ベルリンを案内してくれたドイツ人の友人は、まず朝一番に、何よりも最初に、私を「ユダヤ人の犠牲者を記念したモニュメント」へ連れて行きました。彼は何も語らなかったし、私も何も言わなかったけれど、ただ、彼はそうしたんですね。そのときに、ドイツ人にとっての第二次世界大戦とはそういうことだったんだな、と肌身に感じたのを今でも覚えています。それが、彼らにとっての歴史認識なんだ、と。 ドイツは素晴らしい国です。戦後の日本もまた、平和への取り組みをやってきた素晴らしい国だと、私は思っています。だからこそ、政治家は国際社会に通用する適切な歴史観を持たなければいけないし、発言にも慎重にならなければいけない。そして政治家からでた失言に対し、世論は「反発する姿勢」をきちんと示さなければいけないと思います。発言の裏に、たとえどんな真意があったにせよ。 今、グローバル人材の育成に向けて、政府は英語力の強化に力をいれたり、あるいは行政は、学校給食に異国の食事を取り入れたりしているようですが(笑)、国際社会において一番大切なのは、そんなことではないのではないでしょうか? ではまた、ごきげんよう。 安希 check 6件のフィードバック 223 安希 5 小川村・講演会&座談会&交流会にご参加くださった皆さま。 お疲れさまでした! 村内、隣村、県内、県外を問わず、たくさんの方々にご参加いただきました。 ありがとうございました。 いや〜びっくりしました。 小川村の方々には、講演会からbbq、散策ツアーの準備まで、大変お世話になりました。 熊の肉が食べたい・・などと勝手なことを呟いてみたばっかりに、熊以外のあらゆる肉を大量にご用意いただきました。 ジンギスカン、猪肉、鹿肉、豚肉、鶏肉!タレにしっかりと漬け込んでもらっていたので、獣肉系も全然臭くなかったですね! でも鹿肉は固くて、噛めども噛めども、噛み切れず・・・。そういう肉、好きです。 個人的には、ジンギスカンが一番美味しかったです。 ジンギスカンの網の前にずーっと居座っていたのは、そのためです。 松本先生、カマウさん、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。 それから、新鮮なお野菜の数々! 都会では食べられない採れたてのお野菜、最高でした。 また、食べたいです。(笑) 深夜の飲み会、翌日の散策ツアー、温泉ツアー、昼食ツアーまでご参加くださった方も多く、大変楽しい会となりました。書籍やブログの読者と直接お話をさせていただく機会って、まあ、ないですからね。読者と雑魚寝って、まあ、ないですからね。温泉で語らうって、まあ、まーあぁ、ないですわ。(笑) でも、バックパッカーのおばちゃん的には、こういうのが一番性に合っていたりするんですよね、実は。 次回は、講演なしで、飲み会と温泉だけっていうイベント、やりましょう。冬なら、温泉はもっと気持ちいいでしょうし、せっかくだからウォッカを飲みながらやりましょうよ!それで、富山から豚の脂身の塩漬けを持って来てもらって、それをアテにしましょうよ。 そうしましょう。 ちなみに、イノシシを掛け合わせると、脂身の多い良質なイノブタが生産できますので、よろしくお願いします。また、リンゴと牛乳を沢山与えた豚の脂は、歯ごたえがとてもソフトになります(噛み切ったときの感じがサクッとします)ので、よろしくお願いします。あと、餌には、草もちょっと混ぜたほうが香りがいいみたいですので、その辺もお願いします。子ブタの去勢は、生後一週間くらいにお願いします。ホルモンが出過ぎると肉が臭くなります。それで、塩漬けの作り方ですが、脂身を下に、赤身を上にしてください。塩分の浸透度が、部位によって違うからです。もちろん、お手伝いには伺いますから、連絡してください! まっ、そんな感じでいいですよね、先輩? 先輩は、隠れコンサルですか?隠れコンサルって、何ですか?でも、表向きはフラフラ系ってことは、私と同じ系統ですよね。でも、私は逃げも隠れもせぬフラフラ系なんですけれど、先輩はやっぱり裏では、がしっとコンサルなんですか? キャラが濃すぎて、飲み会は先輩にもっていかれた感がありました。嫉妬します。でも、次回のウォッカの会では、先輩はショット2杯くらいで、be 安希のレポート 5件のフィードバック 小川村・講演&座談会にお申し込みいただいた皆様へ  投稿日 2013年7月23日 3件のフィードバック 小川村講演会にご参加いただいた皆様へ 投稿日 こんなブログ活用法 投稿日 2013年8月1日 安希 3 皆さま、こんばんは。 8月になりました。安希@自宅周辺での推敲作業が続いています。 最近、人から「やつれた」とか「寝起き?」と言われることがぐぐ〜んと増えました。なんでかなー、なんでかなー、と思っていましたが、やっと分かった。髪型が変わったからだね。きっと。 この後頭部の髪の毛ですけど、ぼわぼわになっているのは、寝癖じゃないのよ。これ、パーマなの。はねてるんじゃなくて、わざとなの!!!一応、オシャレのつもりで、金をかけてやったんですよ!ってことを伝えるために、今日はブログを書いています。 参院選のこと、今後のこと、ベーコンのこと、前橋で飲みたいこと、いろいろ書いておくべきことがあるのは分かってるんですが、分かっているのに更新してなくてほんとにすみません。小川村座談会にきて下さった方にも、やっぱり更新頻度を上げる方がいい、とのアドバイスもいただきましたし、毎週月曜日に必ずアップとかにすると分かりやすくて良い、とのご意見もいただきましたし、はい、分かっているんです。でも、私はブロガーにはなれないんですわ。だって、だってぇ〜〜、今一番自分がやりたいことが、パソコンのスイッチを切っている時間を少しでも長くすること、なんだもん。 だけど今日は、何でもいいからアップすることにしました。というのも、二日前に近所のおばちゃんにこう言われたからです。 「あっ、意外と元気そうでよかった〜。ブログ見て、元気ないのかなと思ってたから」と。 いや、元気にしてますよ。大丈夫です。食欲もあります。ジムも行ってます。今日から新しいジムに移籍して、ヨガやってきましたから。でも、あんまり長い間ブログを放っておくと、やっぱり「アキ、死んでるんちゃう?」と思う人も出てくるみたいなので、生存確認の意味も込めて更新しておきます。生きてますよ〜。 生存確認で思い出しましたが、2年前に豚の取材でシベリアにいたときに、連絡がとれないような僻地に迷い込んでいた時期があったんですね。迷ってたといっても10日間くらいのことだったと思います。でも、そのときにやっぱり心配してくれた人たちがいて、ロシアから中国に抜けて、韓国にたどり着いて深夜の空港でパソコン開いたところ(facebookに繋がったら)、「中村は大丈夫なのか?fbの更新もないし、ブログも更新されてないし、何か手を打った方がいいんじゃないか?」と勝手に騒いでくれてたことを知りました。(とある出版社の人たちだったんだけど)。それを深夜の空港で見つけたときは、やっぱり嬉しかったですね。 フリーで単独行動をとっている自分にとっては、そういう人たちの存在というのは、結構ありがたいものです。家で一人缶詰もするし、取材はいつも単独なので、家の中で死んでても、旅先で行方不明になっても、誰も気づかない。そこが、このフリーライター・バックパッカーという職業の危険なところなんですね。 だからオオカミと少年の話じゃないですが、ブログをいつもいつもさぼっていると、ああまたサボってるだけじゃな、と思われて心配もされなくなる。だからブログもたまには更新して、本当に長期で更新がないときは、「死んでないか」を確認してもらえるようにだけはしておこうと思いました。これも一つのブログ活用法ですね!(自画自賛) ってことで、はい、生きてます。(笑)単にサボっていただけでした。 そのうちまた、もうちょっとマトモな記事を書きますね。そのうち・・・、そのうち・・・。 では、もうそろそろ原稿に戻ります。作業、かなり遅れてるので・・。 以上、生存確認ブログでした〜。 ごきげんよ〜。 安希 check 2013年7月18日

Highlighted Content Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

Medium relevance
 

Low relevance
 

安希のレポート fun

Very Low relevance
 
安希のレポート fun  分かりやすい参院選 2013夏 222 メインメニュー 投稿ナビゲーション コメントへの返事 (憲法改正について) コメント『人種差別賛成』に対する返事 小川村講演会にご参加いただいた皆様へ 224 麻生副総理の「ナチス」発言について 223 こんなブログ活用法 小川村・講演&座談会にお申し込みいただいた皆様へ