Build your own keyword analysis with our tools
SEO Report
Server Infos
Backlinks

HTML Analysis

Page Status
 

Found

Highlighted Content
Title

BenjaminFulford 

Description

</font> <br><br> <a href="http://benjamin.cart.fc2.com"><u>ベンジャミン・フルフォードDVDシリーズ〜衝撃の真実が詰まっています〜コチラ→SHOP</a></u></h2> </font> <br><br> <font size="2" color="#BA55D3"></b> <a href="http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2013/06/5月26日日ベンジャミンフルフォード講演会アベノミクスの裏にある日本の独立と欧米権.html"><u></a></u></h2> <font size="2" color="#BA55D3"></b> <font size="2" color="#BA55D3"> <br><br> <font size="2" color="#BA55D3"></b> <a href="http://benjaminfulford.net/"><u>※Weekly geo-political news and analysis</a></u></h2> <font size="2" color="#BA55D3"></b> <font size="2" color="#BA55D3"> <br><br> <font size="2" color="#BA55D3"></b> <a href="http://www.youtube.com/watch?v=WyAaeVJOp1M"><u>※日本人よ!目を覚まして!!(ベンジャミン・フルフォードの原点)</a></u></h2> <font size="2" color="#BA55D3"></b> <font size="2" color="#BA55D3"> <font size="2" color="#BA55D3"> <font size="2" color="#003333"> <br>

Keywords

H1

BenjaminFulford 

H2

ベンジャミン・フルフォードDVDシリーズ〜衝撃の真実が詰まっています〜コチラ→SHOP
09/14/2013
09/10/2013
09/05/2013
09/04/2013
09/03/2013
08/27/2013
08/20/2013
08/12/2013
08/11/2013
Archives
Categories
About

H3

ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(Vol.238)
Update
Correction
ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(Vol.237)
ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(Vol.236)
ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(Vol.235)
ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(Vol.234)
ベンジャミン・フルフォード動画サイトのお知らせ

H4

H5

Text Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

posted | trackback permalink | comments video benjaminfulford http faction

Medium relevance
 

heinz kerry view service 2013 ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(vol financial news chinese power pay jiang john plane sources fortune access

Low relevance
 

chinese power pay jiang john plane sources fortune access 等々について言及しています。興味のある方は、是非下記urlから詳細をご覧ください。(※ minute recorded summary genuine efforts married died crash finance ongoing begun highest dollars negotiations china readers levels 金融・経済・政治の裏事情レポート ※ jiemin shanghai

Very Low relevance
 
等々について言及しています。興味のある方は、是非下記urlから詳細をご覧ください。(※ minute recorded summary genuine efforts married died crash finance ongoing begun highest dollars negotiations china readers levels 金融・経済・政治の裏事情レポート ※ jiemin shanghai ンジャミン・フルフォードの国内外 communist 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 ---------------------------------------------------------------- この度、動画サイト(※英語)を開設いたしました。初回のビデオでは、世界の権力層から得た内部情報を基に新国際金融システムに向けた現在の動き 235) 内容は全て英語となります) http party 新刊発売&動画サイト開設のお知らせ 今週8月22日に『新装版・闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』がイーストプレスより発売されます。宜しくお願いします。 ◎ガンが完治する治療法 ◎寿命を千歳まで延ばす技術 ◎水で走る車 ◎記憶力を飛躍的に高める薬 ◎海水を真水に変える装置 ◎地球上を瞬時に移動するマシンこうした画期的な技術が、水面下ではとっくに開発されている。では、なぜいっこうに実用化されないのか government precursor vol236≫ 現在、米連銀が特命の代理を特派して、自らが大昔にアジアなどでばら撒いた債券を、高額な値で買い漁っている模様だ。英国諜報機関mi5やアジアの結社経由で届けられた伝言によると、米連銀の代理は以前、1930年代にアジアの財宝を担保に発行された債券を二束三文の値で買い戻していたが、最近ではそれよりも数桁多い金額で買取りを進めているのだという。これは、米連銀の大株主たちが自らの権限である通貨発行権を保護するための措置だと思われるが、アメリカ国内では軍部による実質的なクーデターが起きていることから、現時点では水面下で誕生した新政府の意思が反映された動きである可能性も否定できない。 今週中には方々に直接連絡を取って状況を確認するつもりだが、いずれにせよ欧米文明がソ連崩壊以来の激変に向かっているのは間違いなさそうだ。水面下での交渉に関わる複数の関係者も、『9月に入れば、水面下での交渉が新たな局面に入る』と話している。その結果次第では、数兆ドルの資金が世界の平和的発展のために動き出す可能性は高い。 それに加え、北米を訪れた際に政府関係者やマスコミ関係者と話をしていて確信したのは、やはり欧米内部では今の権力構造の変化に抗う体制側の動きが加速している、ということだ。 欧米マスコミも大きく取り上げたウィキリークスや米政府機関nsaが個人情報を収集している事実を「暴露」したエドワード・スノーデン元nsa職員の一件も、その変化をコントロールするための世論操作が目的であることが分かった。欧米のマスコミでは、今も引き続き彼らによる「内部告発」が大きく報じられているが・・・・・・・・ http unification 新装版 intelligence ベンジャミン・フルフォードの国内外 236) ---------------------------------------------------------------- ◆ 新刊&動画サイト開設のお知らせ 今週8月22日に『新装版・闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』がイーストプレスより発売されます。宜しくお願いします。 ◎ガンが完治する治療法 ◎寿命を千歳まで延ばす技術 ◎水で走る車 ◎記憶力を飛躍的に高める薬 ◎海水を真水に変える装置 ◎地球上を瞬時に移動するマシン こうした画期的な技術が、水面下ではとっくに開発されている。では、なぜいっこうに実用化されないのか この度、動画サイト(※英語)を開設いたしました。初回のビデオでは、世界の権力層から得た内部情報を基に新国際金融システムに向けた現在の動き amazon 今回のシリア毒ガス兵器騒動により、サバタイ派マフィア支配網崩壊の実態が世界中に知れ渡ることとなった。2003年3月に開始されたイラク侵略の時と今回のシリア騒動に対する国際世論を比べてみても、サバタイ派マフィアらの置かれている状況が一変しているのは明らかである。イラク侵略の際には、結果的に36ヶ国が戦争に参加した。これに対し、毒ガス騒動が発生した当初にシリアへの攻撃を支持した国は9ヶ国(カナダ、イギリス、アメリカ、イタリア、フランス、サウジアラビア、トルコ、イスラエル、クエート)。さらに、それら9ヶ国の政府首脳がシリア攻撃への参加を表明すると、状況は各国の国内世論により再び変わり、現時点でシリア攻撃を主張し続けているのは、アメリカ、イスラエル、フランス、トルコの4ヶ国だけとなっている。ただし水面下では、支持を撤回したはずのサウジアラビアもシリアのアサド政権崩壊に向けて未だ工作を張り巡らしている模様だ。いずれにしても、世界に206ヶ国ある中でシリアへの攻撃に積極的な姿勢を見せているのはこの5ヶ国だけである。イギリスでは、デーヴィッド・キャメロン首相によるシリア軍事攻撃容認の発議を議会が否決している。英国議会が首相の発議を否決するのは1782年以来の出来事だ。mi5筋は、『これを発端に、年内にもキャメロン政権は崩壊するだろう』と話している。また状況からして・・・・ http 237) 闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 ---------------------------------------------------------------- ◆ taiwan agency 内容は全て英語となります。) 新装版 ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(vol スノーデン元nsa職員とシリア毒ガス兵器騒動の真相 ≪2013 内容は全て英語となります。) 【details】 2013 august 2013 july archives september 2013 ベンジャミン・フルフォード動画サイトのお知らせ 知らず知らずのうちに人工知能の奴隷と化している。人工知能がこのまま進化を続ければ、将来的には人間の能力を遥かに超えた存在となるのは確実である。世界人類は、既に人工知能への対策を真剣に講じるべき段階に来ていることを、認識しておかなければならない。 【 進化するai】 第二次世界大戦が終わり、世界初の大型コンピュータが開発された頃、多くのsf作家が小説のテーマに人工知能を取り上げていた。ただし大抵の場合は、そこに登場する人工知能が良心的な存在として描かれることはなかった。例えば、僕が子供の頃に読んだ1950年代のある小説には、以下のような未来世界が描かれていた。その小説の設定では、世界人類が既に宇宙へと進出し、たくさんの別々の惑星に散らばって住み始めている。そして人類は、ついに各々の惑星の大型コンピュータを全て繋げて巨大な人工知能を完成させる。そこで、人類の代表が『神は存在するのか?』とその人工知能に最初の質問を投げかけるのだが、その返答は『神は確かに存在する。それは正に自分(人工頭脳自身)のことである』というものだった。この人工知能の回答に危険感を覚えた人類は急いでコンピュータの電源を切ろうとしたのだが、その時には既に手遅れだった。ストーリーの結末では、結局それ以降、人類が人工知能の奴隷となってしまう。 しかし、この50年代に描かれた世界は、もはやsf小説の中だけには止まらなくなってきている。人工知能は日々進化を遂げ、・・・・・・・・・・・・・・・ http 2013 june 2013 may 2013 march 2013 february 2013 december 2012 more 2013 april categories games about subscribe intelligence)と聞くと、未だsfの世界を思い浮かべる人も多いだろう。しかし現実問題として、アメリカ政府の多くの政治家たちは blog typepad powered ベンジャミン・フルフォード動画サイト開設のお知らせこの度、動画サイト(※英語)を開設いたしました。 初回のビデオでは、世界の権力層から得た内部情報を基に新国際金融システムに向けた現在の動き 我々人類と、進化する人工知能(ai)の存在 ※ vol235≫ 日々の出来事を理解するためには、時折、意識的に大きなトレンドを回視してみる必要がある。現在、引き続き海外取材に出ているため、今週はある程度の長いスパンを振り返りながら、「世界権力図の現状とこれからについて」を見ていきたいと思う。近年で大きなトレンドを見る時の柱となるのは、先ずは世界の中心が欧米からアジアへと移ったことだろう。そして水面下では、その流れとは別に世界が2つの大きなグループに分かれて、人類の未来をかけた戦いを続けている。1つは第二次世界大戦後に構築された世界体制と、そこで培った既得権益の維持を目的に戦っているグループだ。その頂点にはサバタイ派と呼ばれる欧米の権力者たちが君臨し、この歴史的な世界の変動期においては“旧体制勢力”とも表現される。もう1つは、その旧体制による地球運営に疑念を抱き、今の世界に対して根本的に変革を起こそうじゃないか、と立ち上がったグループだ。brics同盟やホワイトドラゴンなどの勢力がこれに含まれるのだが、つまりは“反旧体制勢力”である。 この両グループによる戦いには、国家という枠組みだけでは捉えることの出来ない大きな力が働いている。そのため、単純にアメリカやヨーロッパ、日本、中国などといった国単位で分析してみても、その真相は見えてこない。 例えば、アメリカではペンタゴンとciaの一部派閥が国土安全保障省や国務省、議会、ウォール街などと国内で対立しているし、イギリスでも反旧体制勢力に賛同し始めた英国王室の派閥や英国フリーメーソンなどが旧体制側の英国議会与党や官僚組織の一部派閥と対立している。またローマ教内部においても・・・ http 234) 等々について言及しています。興味のある方は、是非下記urlにアクセスし、詳細をご覧ください。 (※ 2013 january ≪2013 vol234≫ 人工知能(ai:artificial information from purge  pay feed blog 世界権力図の現状と新時代の展望 ≪2013 update confirm george bush ” we waging shots boss petrochina nazi bribe weekly geopolitical analysis edition 2013 correction brokers iraqi good calls zemin friday 13th youtube u-tube notice benjaminfulford  ベンジャミン・フルフォードdvdシリーズ〜衝撃の真実が詰まっています〜コチラ→shop ※weekly geo-political analysis ※日本人よ!目を覚まして!!(ベンジャミン・フルフォードの原点) watch v=70ni1gwxahi pentagon source ”jiang 2013 update vol238≫ 先週、アメリカ軍が“米国内のサバタイ派マフィアとその関係者3万人の逮捕”を中国との極秘交渉の場で約束したところ、その直後にサバタイ派勢から『アメリカ国内で核テロを起こす』との脅迫を受けた、とペンタゴン関係者は伝えている。それと関連してか、『アメリカが保有する核兵器のうちの数百発が、東海岸へと運ばれた後に行方不明となっている』との情報も複数の別のペンタゴン関係者より寄せられてきているし、また中近東ではサバタイ派マフィアらが自らの失脚を回避するべく、引き続きシリア騒動を全力で煽り立て、世界に核戦争を引き起こそうとしているように見える。 しかし、こうした一連の騒動も新国際金融システムに向けて行われている交渉を有利に進めるための“はったり”である可能性が高い。現実問題として、サバタイ派勢が核のカードを切れば、当然ながらペンタゴン正規軍などにより彼らも破滅へと追い込まれることになるため、このカードは彼らも切るに切れないはずだ。ようするに彼らは、派手な騒ぎを引き起こし、『世界全面核戦争の勃発』という最後のカードに現実味を持たせることで、自らの免罪と権力の延命を図ろうとしているわけだ。 こうして新旧勢力が互いに威嚇し合う状況が続いているプレッシャーも背景にあり、先週末にロシア・サンクトペテルブルクで開かれていたg20サミットの場では、新国際金融システムの交渉に相当な進展が見られた模様だ。 先ずbrics諸国が、独自の開発銀行に合計で1000億ドルを供給することに合意した。その資金供給は・・・・ http 238) シリア化学兵器騒動の捏造と金融による権力構造の変化 ≪2013 incorrectly wrote benjaminfulford  official xinhua showtopic=3326 php link educationforum ipbhost reported removed removal expected signal htm jiang 2013-09 office xinhuanet english figures public lucky ” what happened leaving family “suspected wife murderer senator suspicious tactic removing problematic bones favorite widow crashes major

Highlighted Content Analysis

Cloud of Keywords from all content
High relevance
 

color= size= #ba55d3 2013 ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(vol

Medium relevance
 

http href= benjaminfulford

Low relevance
 

benjaminfulford ベンジャミン・フルフォードdvdシリーズ〜衝撃の真実が詰まっています〜コチラ→shop benjaminfulford 

Very Low relevance
 
ベンジャミン・フルフォードdvdシリーズ〜衝撃の真実が詰まっています〜コチラ→shop benjaminfulford  238) #003333 categories update archives 236) 234) ベンジャミン・フルフォード動画サイトのお知らせ 235) ※日本人よ!目を覚まして!!(ベンジャミン・フルフォードの原点) 237) correction geo-political typepad 5月26日日ベンジャミンフルフォード講演会アベノミクスの裏にある日本の独立と欧米権 fc2 cart benjamin html ※weekly watch youtube analysis news v=wyaaevjop1m